ブロックの使い方をマスター

pokohiro
無料
  • 14 lessons
  • 0 quizzes
  • 1 week duration

「拡張機能」を学ぶ ~ペン~

前回のレッスンでは拡張機能の「音楽」について紹介しました。
このレッスンでは「ペン」について紹介します。

使い方は、音楽の時と同じようにスクリプトエリアの下のマークをクリックし、「ペン」を選んでください。

すると画面にブロックが追加されます。

ペンはその名の通り、描くことが出来るようになる機能ですが、まずは描く前に「スタンプ」を試してみましょう。

何でもいいので、スプライトをひとつ用意してください。

ここではBatを選んでみました。

選ぶことが出来たらコードを設定していきます。

このように作成してみてください。

これでマウスの動きにスプライトが付いてくるようになりました。

付いてくることが確認出来たら、どこでもいいのでマウスを左クリックしてください。

すると、クリックした場所に新しいスプライトが追加(スタンプ)されます。

次は、ここにペンの機能を足してみます。

コードにこのようにプロックを追加してください。

こうすることでマウスを動かした跡、つまりスプライトの動きに合わせた線が描かれます。

 

最後にペンで図形を描いてみましょう。

まずは星形を描いていきます。

角度の計算が必要になりますが、この通りに設定してみて下さい。

星形の図形を描くことが出来ましたか?

三角形や四角形、丸や渦巻きなど、様々な図形を描くことも出来ます。

どんな数字で作ればどんな形になるか、ぜひいろいろ試してみて下さい。

 

次のレッスンからは、「動き」「見た目」「イベント」「制御」の使い方をもう少し詳しく紹介していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA