ブロックの使い方をマスター

pokohiro
無料
  • 14 lessons
  • 0 quizzes
  • 1 week duration

敵に当たった回数に制限を設定してみよう

このレッスンでは「敵に決まった回数当たったらゲームオーバーになる」というコードを作成していきます。

回数はとりあえず「10回」に設定してみます。

ゲームオーバーの信号を送るブロックは「背景」のコードとして追加します。

前回作ったコードにこのように追加してみて下さい。

次にゲームオーバーを受け取る側の設定をします。

まずはネコのスクリプトにこのように追加してください。

「ゲームオーバーを受け取ったとき」の後に「隠す」と設定しているのは、ネコを非表示にするためです。

「スプライトの他のスクリプトを止める」は制御ブロックの中の「すべてを止める」の項目を変更しています。

最後に「緑の旗が押されたとき」の後に「表示する」を追加している理由は、そうしなければ次にゲームを開始した際にネコが非表示のままになってしまうためです。

「隠す」と「表示する」のブロックはセットで使うものと覚えておきましょう。

 

次にカニ(Crab)のスプライトの方にもネコと同様のコードを追加します。

これで、カニに10回当たったらゲームオーバー(スクリプトを止めてスプライトを非表示)のコードが完成しました。

試しに10回当たってみて下さい。

ネコとカニが非表示になれば成功です。

しかし、まだ何か物足りないと感じませんか?

そうです。ゲームオーバーの画面が無いので終わった感じがしません。

 

次のレッスンではゲームオーバーの画面を表示(画面遷移)させる方法を紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA